ホーム > OAKSボード > OAKSボードQ&A > OAKS8Q&A

Q&A

OAKS8シリーズ

質問
メモリ拡張モードに設定すると、KD30が止まってしまいます。

回答
メモリ拡張モードでご使用の時は、CPUボードのHOLD端子をプルアップしてからご使用ください。

HOLD端子は、GND接続となっておりますが、その状態でメモリ拡張モードに設定すると、HOLD端子からのLレベル入力をHOLD信号ととらえられ、CPUがHOLD状態となるためKD30と通信できなくなります。

OAKS16でHOLD端子をGNDに接続にしている理由ですが、HOLD端子はフラッシュ書き換えを行なう場合、Lレベル入力が必要です。メモリ拡張モードでのご使用は特殊(サポート外)と考えており、モニタプログラム、ユーザプログラムの書き換え時のフラッシュメモリの書き換えを優先しています。

更新日:2002.02.04

Copyright (C) oaks-ele, Inc.