ホーム > OAKSボード > OAKSボードQ&A > OAKS32 Q&A

Q&A

OAKS32シリーズ

質問
OAKS32-LANBoardの質問

STCP308(オークス版)の仕様で、受付点:2点、通信端点:4点と別表記になっていますが、通信端点の内の2点が受付点ということですか。

回答
通信端点と受付点とは別のものなので、別表記どおりとなります。

LANボードをホスト、接続したPCをクライアントとすると、PCからのサービス要求はLANボード側では受付点で受け付けます(受動オープン)。
受付点が2点というのは、2種類のポート番号(この場合サービスの種類を示します)を受け付ける事ができるということになります。

通信が確立した時点でLANボード側では通信端点が割り当てられますが、4点まで割り当てられることができます。

例えば、LANボードのサーバープログラムで、TELNET,HTTPの2つのサービスを用意し、通信端点をそれぞれ2点づつ割り当てるようにしたとします。
この場合、クライアント側のPCから見ると、LANボードへの、TELNET接続のウィンドウとブラウザからの接続のウィンドウをそれぞれ2枚づつ同時にオープンできるということになります。

更新日:2003.10.06

Copyright (C) oaks-ele, Inc.