サイトマップ

ホーム > OAKSボード > テクニカルニュース

OAKSボード

No.44 OAKS16-29CAN CDROM内マニュアル 2006/12/7
OAKS16-29CAN CDROM内マニュアルの図に間違いがありました。申し訳ありません。
CDROM \oaks16can\sample\sample_can\Man_CANsample.pdf内 P12の図

<誤>
Input Addressが“E8000”

<正>
Input Addressが“E0000”


No.43 OAKS16ユーザーズマニュアル 2006/7/12
「レジスタ操作に関する制限事項」 P27
UART送受信制御レジスタ 2

<誤>
ビット0,2,4,5,6 については変更しないでください

<正>
ビット1,3,4,5,6については変更しないでください

修正済みのマニュアルはこちらからダウンロードできます。
Man_Fullkit.pdf

No.42 OAKS16 サンプルプログラム 2006/4/10
IDが"00"ではなく"FF"に設定されています。
修正済みのサンプルプログラムをダウンロードしてください。
SampleC.lzh

No.41 OAKS8回路図 OAKS8_EX_CIR.pdf 2004/12/13
OAKS8 CPUボードの1番ピン(P3_7)と2番ピン(CNVss)の接続先が入れ替わっています。
修正済みの回路図をダウンロードしてください。

No.40 OAKS8 CPU Board(正規版) 2004/11/25
※WS(ワークサンプル)品のみチップ印字部に"WS"と明記されています。
ご購入後、KD30と通信できない現象がおこる場合があります。
KD30のバージョンをご確認ください。
OAKS8初版のCD同梱のバージョン(KD30 V3.20 Release1B)では動作しません。

最新のバージョンをダウンロードして再インストールしてください。
OAKS8のページへ

No.39 OAKS8-FullKit 「セットアップ S/W編」  2004/11/25
Page3:正規版とWS版との比較表、正規版におけるKD30起動時の動作について
下記「OAKS8 クイックツアー」と同じ修正です。

No.38 OAKS8-FullKitマニュアル 「OAKS8 クイックツアー」  2004/11/25
Page3, 44:正規版とWS版との比較表、正規版におけるKD30起動時の動作について

<誤>
現在のフラッシュメモリに設定されているIDコードがすべて"00h"か"FFh"のときのみ…(省略)…モニタプログラムを書き込みモニタプログラムへ実行を移します。

<正>
現在のフラッシュメモリに設定されているIDコードがすべて"00h"か"FFh"のときのみ…(省略)…モニタプログラムを書き込みモニタプログラムへ実行を移します。

KD30は、現在のIDコードがFFhのときのみ通信できます。

No.37 OAKS8 CPU Board(正規版) 2004/11/25
※WS(ワークサンプル)品のみチップ印字部に"WS"と明記されています。
ご購入後、KD30と通信できない現象がおこる場合があります。
KD30はフラッシュメモリのIDコードが全てFFhの時のみ通信する仕様であるのに対し、OAKS8-CPUBoardのチップのフラッシュメモリに予め書き込まれているデモプログラムのIDコードが全て00hとなっているためです。

対策としては、FlashStarterでフラッシュメモリを消去してください。
この場合、IDコードは全てFFhに設定されます。
FlashStarterで消去する前に、現在のIDコードを入力する必要がありますが、全て00hを入力してください。

No.36 OAKS8-FullKitマニュアル 「OAKS8 クイックツアー」 2004/7/15
P27 図7.3 IDオプションの設定を修正
訂正版はこちらからダウンロード

No.35 OAKS8-FullKitマニュアル 「セットアップ H/W編」 2004/7/15
P19 表11 25番端子の説明「可変抵抗VR2を取り付けた場合、入力ポートには設定しないでください」の入力を出力に訂正
訂正版はこちらからダウンロード

No.34 OAKSシリーズ提供CD-ROMについて  2004/6/15
OAKSシリーズで提供させて頂いておりますCD-ROMで、CD-ROMドライブに入れるとブラウザによりHTMLファイルが表示されるオートラン仕様となっているものがありますが、お客様の環境によってはブラウザが起動しない場合があります。その場合はCD-ROM中のHTMLファイルをダブルクリックして起動させてください。
ファイル名は"シリーズ名.htm"となっております。

【該当するシリーズ】
OAKS16-Fullkit(ファイル名:OAKS16.htm)
OAKS32-Fullkit(ファイル名:OAKS32.htm)
OAKS32R(ファイル名:OAKS32R.htm)
OAKSMINI-Fullkit(ファイル名:OAKSMINI.htm)
OAKS32-LANBoard(ファイル名:OAKS32LAN.htm)

Copyright (C) oaks-ele, Inc.